ラノベ作家のブログってシンプルだね。

幼児のいたずら日記

せっかくブログを作ったので、小説も書かずにラノベ作家のHPを見て回ったよ。参考にしようと思ってね!

ぼく「へへ、どんなもんかな~?」

 

~しばらくネットサーフィン~

 

ぼく「……ふぅん」

 

文筆業だからか、簡素なブログが多かったです。

無料ブログで、コメント欄が閉鎖されているのも多い印象。

 

ぼく「なんだぁ、そうか……」

なんとなくがっかりする気持ちになってきたぼく。

 

しかし。

 

圧倒的なセンスでぶん殴ってくる作家はいました。

 

 

紅玉いづき先生です。

 

 

第13回電撃小説大賞・大賞を受賞されてます。

やっぱすごいね……色々と。

ってかwikiの誕生年が本当なら22歳前後で大賞取ったんですか?

ほげぇ、そうですかぁ………………(泣)。

 

まぁ、それはともかく。

ブログ自体のインパクトはね、うん。

「すっげ……」

ぐらいだったんですが、驚いたのはtwitterです。

 

 

!?

 

一瞬目を疑ったよ。

誰もフォローしてない上に誰もフォローできない設定なの!?

 

「やっば」

超ロックじゃん。

 

――と、思わずブログに書いてからもう一度確認してみたらフォローもされていましたし、フォロワーもたくさんいらっしゃいました。

 

どうやらこっちの読み込みの問題で表示されなかったようです。

ぼく自身がtwitterを使わないせいで誤解しちゃいました。すみません。

 

ちなみに、本の感想

『ミミズクと夜の王』は……たしか泣いちゃったような気がします。

天使みたいな女の子って言葉にするのは簡単なんだけど、それを描写できないんだよね。

圧巻の大賞作でした。

 

 

その続編『毒吐姫と星の石』は……すみません、ちょっと読みにくかったです。

人喰い三部作と称されるMAMA、雪蟷螂を読んでないせいかも。

 

あの硬くてしっかりした文章はぼくには一生書けないかもしれないな……。

凄いと思いました。

 

あ、中盤から面白かったですよ!

ちょっとだけ出てたミミズクが天使でした。

 

なんか余ったのでここに。 ~このブログについて~

ちなみにこのシンプルすぎるブログ、ぼくはけっこう気に入ってます。

だって一次落ち常連っぽいでしょ? この殺風景な感じがさぁ。

ぼくにぴったり!

コメント

タイトルとURLをコピーしました